メガネスタイル

メガネスタイル

メガネの値段はレンズによって決まる

メガネはフレームとレンズに分かれていて、購入する場合はそれぞれの料金を合わせた金額を支払うことになります。値段の割合は圧倒的にレンズの料金の方が多いため、メガネの購入金額はレンズの値段によって大きく変わってくるといって間違いありません。
では、レンズにはどのようなものがあるのかというと、まず素材がガラスかプラスティックかで二つに分かれます。ガラスは昔から使われていた素材ですが、現在はほとんど用いられていません。というのは、プラスティックと比べると重い上に、真っ平らに加工することが難しく、今、流行しているフラットなデザインに使うことができないからです。なので、最近はプラスティックの中から選ぶことになります。
同じプラスティックでも質に大きな違いがあり、たとえばUV加工をしているので紫外線を通しにくい、あるいは普通の加工よりもより薄くしているといった差があります。基本的に軽くて薄いほど料金は高いです。


厚いレンズと太いメガネフレームの組み合わせ

手ごろ感が強いメガネを入手しようとするほど、レンズは分厚くなります。薄く加工するためには高度な技量が必要な反面、厚いものを作る難易度は高くありません。あまり労力を費やさなくても完成する一本なので、価格が安い傾向にあるというわけです。当初の目的がコストパフォーマンスに優れたメガネを入手することなら、分厚いレンズでも申し分ないと言えます。しかしながら、多少なりとも顔の印象を良くしたい場合は薄いレンズを選ぶに越したことはありません。はっきりした目元が演出できるので、おしゃれを追求するときには必須のアイテムです。是が非でも薄いものでなければ要望を満たせないかと言うと、厳密には違います。メガネのフレームが太ければ、分厚いレンズの存在が目立たないからです。顔を覆う部分が広いメガネのフレームは、細くても存在感があります。もしも太ければ、主張しやすいパーツの印象を抑えられます。手ごろ感とおしゃれは、両立させることが可能です。

recommend



2020/3/4 更新


メガネは自分に合った物を選ぶ

メガネの値段はレンズによって決まる

メガネのフレームで変わる顔のイメージ

メガネ屋の意外と知らない店舗サービス

自分用のメガネが簡単に通販出来るサービス

お問い合わせ